オデッセイ買取メイン画像

故障箇所の修理について

買取業者に車の買取りをしてもらう場合、まず査定を受けますが、この査定の時に少しでも査定額を上げたくて車の修理をしていませんか?。
確かに査定時に車に故障があったり、キズがあったりすると査定額が若干下がってしまう可能性があります。しかし査定前に車の修理をするのは、あまりオススメできません。

キズは修理すべきか?

車を見るのに、誰もが見るポイントに車のキズがありますが、車の査定時に車にキズがあっても修理はしない方がいいでしょう。
キズの修理にかかった費用ほど、キズが『ある』と『ない』とでは査定額はかわりません。

ただ、買い取ってもらう車を少しでもキレイに見せるために洗車はしておいた方がいいでしょう。
洗車をしておくことによって査定士の印象もアップが望める可能性もあります。

不具合部分の修理は必要か?

買取りしてもらう車に不具合部分があっても、査定前に修理はしない方がいいです。

なぜならキズの修理とを同じで、不具合部分の修理にかかった費用ほど、修理していない状態と比べ査定額がアップしないからです。
ただ、不具合箇所があることを隠したままに査定に出すと、査定士の印象を悪くしてしまいますので、不具合部分があることはしっかりと査定士に伝えておきましょう。

買取業者に車の買取りをしてもらう場合、修理箇所があっても、買取価格はそれほど下がりません。修理すれば高い費用がかかってしまいますから、修理はしない方がいいでしょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ