オデッセイ買取メイン画像

オデッセイの寿命

車の寿命は10年、10万キロと言う話を聞いたことがある人が多いのではないでしょうか。

日本国内ではこれが定説となっていますね。 しかしこれについて勘違いしている方が多いです。

車は10年落ち、10万キロ走行でそろそろ車が壊れて乗れなくなる。

ということではなく、

10年落ち、10万キロで交換すべき部品が増える。
ということです。

部品を交換し乗り続けるか、
それとも車を買い替えするか、

どちらがお得なのかを比べた場合に、10年、10万キロで買い換えたほうが一般的にお得だ。
ということから、10年、10万キロで寿命という定説が広がりました。

ですので実際には10年、10万キロで寿命ではありません。

オデッセイはホンダ車ですので、トヨタ車よりはエンジンが弱い傾向があります。

車の本当の寿命はトヨタ車と比べた場合、少し早いと覚えていただければいいでしょう。

ほとんどメンテナンスをすることなく、車検を通しているだけのオデッセイならば、 10年落ち、10万キロで結構ガタがではじめるはずです。

エンジンにも相当な負荷がかかっているでしょう。

そのような車の場合、10年、10万キロ付近でかなりのメンテナンス、修復費用がかさむはずです。

自分がこれまでどのようにオデッセイを乗ってきたのかを思い出し、 自信がないようでしたら、修復費用がかさむことを見越し、乗り換えしてしまうのも1つの手でしょう。
10年落ち、10万キロを超えているオデッセイの売却を考えている方は、下記のページをご覧ください。
>>10万キロ・10年落ち以上のオデッセイ買取

サブコンテンツ

このページの先頭へ