オデッセイ買取メイン画像

修復歴有のオデッセイを売却する時の注意点

事故を起こした車の売却を買取業者に依頼する場合

・修理歴車
・修復歴車
・事故車

のどれに部類するかによって買取価格が違ってきます。

修理歴車とは

事故をした車であっても、車の買取り価格がそれほど下がらないのは修理歴車です。
修理歴車というのは、事故でボディにキズがついたり少しへこんでしまったため軽い修理をした車のことです。
車の軽いへこみ程度であれば、車の走行に問題が出たりすることはないため、車の査定には影響が出たりはしないようです。

ただ、見た目でわからなくても、車の買取りをしてもらう時には修理歴車であることは業者にきちんと伝えておきましょう。

修復歴車とは

しかし、修復歴車になってしまうと、買取価格にかなり影響が出てしまいます。
修復歴車というのは、事故の際に
ill-check-m1-l
・フロントインサイドパネル
・フレーム
・フロントクロスメンバー
・ダッシュパネル
・ルーフパネル
・ルームフロアパネル
・ピラー
・トランクフロアパネル
・ラジエターコアサポート

などといった車の骨格部分を損傷し、修理したことがある車のことです。

車の骨格部分を損傷した車はどんなに修理をしても、車に歪みが出てしまう可能性があるため修復歴がある車は、買取価格が大幅に下がってしまいます。

事故車とは

さらに事故車になってしまうと、車の買取価格はかなり低いですし、場合によっては買取不可もあります。
事故車というのは事故で損傷した部分を直していない車のことです。
事故車の売却につてはこちらをご覧下さい。
>>事故車はどう売ればいい?

走行に問題があるほどの損傷がそのままになっていたら、買取りが不可になる可能性が高いでしょう。
事故を起こした車を買取業者に売却するのなら、買取りをして頼む車が修理歴車・修復歴車・事故車のどれに部類するかをよく考えて申し込みましょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ