オデッセイ買取メイン画像

ローン残債がある車を買取りしてもらえるのか

車の買取りをしてもらうのに、まだ車のローンの残債があった場合、車を売却をすることはできません。
車を売却することができるのは、車検証に記載されている「所有者」だけです。

車を実際に所有していても、ローンが残っている車の本当の所有者はローンを組んでいる『ローン会社』です。

そのためローンが残っている車を買取りしてもらいたくても、車を売却することはできないのです。

ローン残債がある車を売却する方法

ただ、最近はローンが残債していても買取業者に車の買取りをしてもらう方法があります。
買取業者の中には、買取りした車のローンを代わって清算してくれるプランを用意している買取業者もいます。

そうした買取業者に車を買い取ってもらえば、車のローンが残っていても車を売却することができます。
もっとも買取業者にローンの残りを払ってもらうのですから、車の買取価格は、実際の車の買取価格からローンの残りの額を引いた差額になってしまいます。

つまり車の買取価格が150万円でローンの残債が50万円だった場合、手元に入るのは差額の100万円になります。

また車の買取価格が150万円でローンの残債が200万円だった場合、50万円分のローンを再度買取業者で組むことになってしまいます。

 

しかも新しい車の購入費も必要になりますから、ローンが残債している車を売却することができたとしても、ローンが残っているうちは車を売却せず、ローンが完済してから買取りをしてもらった方がいいでしょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ